社長コラム

HOME > Brain Wave Spirits > 第8話 「最後に一度だけと~」

Brain Wave Spirits

第8話 「最後に一度だけと~」

2004年6月1日
大阪本社の社長室に営業部のKリーダーが来ていた。
前期の営業成績は予算達成率180%という数字を叩きだし、 社長賞をものにしている。
今期も驚異の達成率を目指し、日々色んな動きをしているようだ。
Kリーダー:「社長、面白い企画を思いつきました」
僕:「・・・」
Kリーダー:「大阪で商売しようとしてる会社や人、東京や地方から大阪に来る会社や人を、僕がサポートする企画です!」
僕:「・・・」
Kリーダー:「大阪、盛り上げなあきまへんから、僕がやります!」
僕:「(どないしよったんやろか?)」
夜の宴会並に気合いが入っている。

夜の街での彼の十八番は、田原俊彦の「ごめんよ涙」を歌うことです。
これで周りの人が盛り上がらないと、やけに機嫌が悪くなるようです。
Kは「最後に一度だけと~」と言うわりには何度も歌いまくっているようです。
僕は彼が歌うときだけ、この歌を「ごめんよK子ママ」としてもいいのではないかと思っています。
K子ママとはBWスタッフ御用達の大阪はミナミの「K」というお店のママさんです。
K子ママはKリーダーを大変可愛がってくれていて、 お見合いまで準備してくれたこともありました。
ちなみにKリーダーは昨年、社内結婚をしております。

「K」はBWの相談役だった今は亡き僕の父が常連だったお店で、 Kリーダーは相談役といつも一緒に行っていたようです。
相談役は晩年はお酒を呑めなくなっていたので、 お酒のかわりに烏龍茶をキープしていたようです。
いつしかBWスタッフがことあるごとに行くようになっていました。
5月に「相談役を偲ぶ会」をして貰った時も、 やはり「K」には「最後に一度だけと~」が流れていました。
賑やかなのが好きだった相談役も大笑いしていると思います。

この歌を一度聞くと、Kリーダーを忘れることはないでしょう。
というか忘れられないと言った方が適切かもしれません・・・。
そんなKリーダーが考えた企画を一緒にやってみよう!
という方がおられましたら、 営業部宛て(06-6110-9887)にアタックしてみてください。
いろんなネタがあるかもしれませんよ。


Back to PageTop