社長コラム

HOME > Brain Wave Spirits > 第9話 メディアデザイン事業部誕生

Brain Wave Spirits

第9話 メディアデザイン事業部誕生

2004年6月2日
クライアントの新規事業に関する会議の後、 BWに戻ってデスクワークをしているうち、ふと気づくと 時計はPM9:00を回っていた。
社内を見回ると、メディアデザイン事業部のN、W、Dがまだ作業をしていた。
メディアデザイン事業部はWebサイトのコンサルや企画、 デザイン、Webを使ったプロモーション等々が業務だ。
彼らと雑談をしているうちに、メディアデザイン事業部の立ち上げ時を思い起こしていた。
それはWが6月から新たに加わったことが影響しているからかもしれない。

メディアデザイン事業部の立ち上げ時は本当に日々、色んな人が会社に出入りしていた。
もちろんその人達を採用をしているのは僕であったのだが、 いつも新しい顔が会社にあったので、 新しく入社したWがいるその場の雰囲気が、 なんとなくその当時に似ていたのだろう。

Nとはメディアデザイン事業部の立ち上げ時から一緒にBWで仕事をしてきている。
Nは現在、メディアデザイン事業部のリーダーである。
ある意味、彼がいなければメディアデザイン事業部はなかったのかもしれない。
人との出会いがあれば別れも必ずあり、 入社する人もいれば退職する人もいる。
今のメディアデザイン事業部で立上げ時からのメンバーはNただ一人である。

思い起こせば、彼との出会いは1通のメールからであった。
Nが個人で活動をしていたころに作っていたN自身のサイトを見て、 「面白そうな奴だ」ということで僕がメールを出し、 Nが返信をくれたのがきっかけだった。
当時はメディアデザイン事業部は無く、 データデザイン事業部というデータ入力やデータマイニングをする事業部で Webを制作していたのだが、今後のBWの展開を考えると、 本格的にWeb専門の事業部を作る必要があった。
当時はスタッフも当方を含め7~8名で、 人材不足であったため求人をしようとしていたところ、Nの個人サイトにたまたま行き着いたのである。
面白いもので、会ったその日に意気投合し、 「一緒に仕事をしよう!」ということになっていた。

今の大阪本社は現住所に全事業部がおさまっているのだが、 立ち上げ時、メディアデザイン事業部は、大阪は南港にある ATC(アジアトレードセンター)内のデザイン振興プラザに開設した。
当時は、システム関連の会社とデザインや企画関連の会社が コラボレーションして仕事をすることが増えてくると予想されていた。
本社と離れた場所に事業所を設けたのは、 当然、BWもそのような業態になる方向で進んでいたので、 同じ場所にいなくてもうまく作業が進められるような、 新たな業務フローを同時に作るためでもあった。

最終的にBWのメディアデザイン事業部が目指していたのは、 インターネット・ビジネスのコンサルティングとWebサイト構築をおこなう SIPS(ストラテジック・インターネット・プロフェッショナル・サービス)事業だった。
今では珍しくなくなってきたが、 当時は、まだまだこの新しい企業形態が世の中でも確立されていなかったような気がする。
僕は本社とATCを行ったり来たり、 またNをはじめスタッフも行ったり来たりが続き、 業態の違うこの事業部が物理的に離れていることの不効率さを、 いやというほど思い知ったものだ。
全ての事業部を一箇所にまとめるまでの1年間は、 本当に色んな意味で良い経験をしたと思う。
またこの経験は、今のパートナー会社やクライアントとのやり取りで非常に役に立っている。

この日、結局、4人での雑談はPM10:00過ぎまで続いた。
この時に僕の万歩計の話題になり、 今後は僕の1日の「歩数」をできれば毎日、Webに上げていこう!
なんてわけのわからないことで、盛り上がっていた。

そうです、それを本当にするのがBWだったりするのです。
もうこのコラムがアップする頃には、 どこかに「歩数」がアップされていると思います。
僕の「歩数」で楽しんでください。

昨日の万歩計:8256歩


Back to PageTop